コスプレ作品

2B コスプレ

コスプレイヤーHaco『NieR:Automata』2Bは池袋をゲーム世界へ変える

2Bのキャラシルエットを見事に再現

2B コスプレ
コスプレイヤーHacoさん(@Haco_85_)が『NieR:Automata』2Bのコスプレ写真を公開。

どこかのスタジオ、ロケーションでの撮影かと思いきや、撮影されたのはコスプレイベント「acosta!@池袋サンシャインシティ」。撮影した瑠璃色さん(@ruri_iro_cam)のツイートによると、自然光で撮影した写真とのこと。

海外人気が高い作品だけあって、英語やスペイン語のコメントも多いのが特徴的だ。「今まで見た中でも最高のコスプレ」「言葉がでない」といった声が寄せられている。
Hacoさんに2Bコスプレのこだわりや撮影時のエピソードを伺った

Hacoさんコメント
NieR:Automataがコスプレを始めたきっかけになるのですが、ずっと9Sのコスプレばかりしていたので2Bのコスプレをしたのはこの時が初めてでした。


ウィッグは360°どこから見ても2Bになるようにゲームのグラフィックと見比べながらセットしました。
中々理想のものが出来ず時間をかけた思い出があります。


顔につけるゴーグルは9Sのコスプレの時と同様に付けたままでも周りが見えるような布で作りました。


衣装は公式の設定に倣いベルベット生地をメインに使用しています。
理想のシルエットを出すために、パフスリーブの部分には形状維持出来るように中綿を入れ、スカートには直立した時にも広がりを保つよう裏地との間にワイヤーを入れています。


戦闘用アンドロイドという無機質さを載せたかったので、顔部で唯一露出する唇にはピンクの上にブルーのグロスを載せて硬質な素材感を出しました。


この日はアコスタで撮影する時間も僅かだった中、重厚感強めで撮影してくださった瑠璃色さんに本当に感謝です。

また、池袋サンシャインシティを見事に「NieR:Automata」の世界に作り変えたフォトグラファーの瑠璃色さんにも写真の仕上がりイメージを伺った。

瑠璃色さんコメント
ゲーム内では太陽の光がたくさん使われていて、イベント会場でも自然光だけでNieRの世界観は出せるんではないかと思い、ストロボは使わず撮影しました。現像の際に景色をグレーぽくすることで世界観に近づけてみました。


また、”動きの意志”をのせればゲームの中にいるような写真が撮れるとも思って、「敵は目線の先にいて会敵した直後」「敵を切り捨てた後の次の敵の警戒を」とポージングをとるHacoさんから感じる事をイメージをしながら、時折声に出して「敵を視認した戦闘前の雰囲気でいきましょう」等々”思考の指示”をして撮影しました!


hacoさんとは実際にお会いしたのもこの写真の時が初めてでしたが、「この方ならNieRの世界観に落とし込める…!」と列に並んでいる時から高揚感に包まれるほど、衣装・ウィッグ・メイク・ポージング…。どれも素晴らしかったです🙏🏻

次元を超越するハイクオリティなコスプレはときに現実と仮想をボーダーレスにする。

関連記事一覧