コスプレ作品

宝石の国 パパラチア コスプレ

コスプレイヤーEVA『宝石の国』パパラチアウィッグはふかしにした超ボリュームスーパー加工特化ロング

100cmのスーパー加工特化ロングにひらすらにふかしを入れる

宝石の国 パパラチア コスプレ
コスプレイヤーEVAさん(@EVAzo_cos)が『宝石の国』パパラチアの写真を公開。

キャラの二次元的な髪の長さとボリュームを完全に三次元に再現したEVAさん。そのウィッグの再現性のコツを伺った。

今回ウィッグセットで注意した点はボリューム感と宝石感を出すことです。


ボリューム感に関しては、パパラチア自身とても毛量が多く、モサモサした髪の毛が特徴的なので、元々のウィッグから毛をいっさい梳かずにふかしを入れて形を整え、ふわふわに見えるように制作しました。
ウィッグはアシストのスーパー加工特化ロング(100cm)を購入。パパラチアの髪のシルエットが特徴的なので、加工特化ウィッグが適しているかと判断しました。
同じく毛束を購入してふかしを入れた後、うなじ部分に垂れ下がるようにスーパー加工特化ロング本体に縫い付けました。
こうすることでふかしを入れても長さが保てるように制作しました。実を言うとまだまだキャラクターよりも毛が短いので、もっと長い加工特化ウィッグはないか、毛束を縫わずに取り付ける方法はないかと考えております。


宝石感に関しては前髪部分と後頭部部分をレジンで制作したものを使用しております。(透明クリアファイルを作りたい形に切り、その上に赤色のレジンを垂らして固め、固まったのを確認した後剥がしてウィッグに貼り付けました。)
そのほかの後ろ髪や横毛の部分には赤色のクリアファイルを使用して、光が当たるとキラキラ感じる、また硬い質感がでるウィッグにしました。

宝石の国 パパラチア コスプレ

▲クリアファイルを葉状にカットし、そこにレジンを垂らして固めたもの


宝石の国 パパラチア コスプレ

▲前髪の部分にレジンパーツをGボンドで接着することで、作品の持つ「硬さ」を表現している

特に厚みを出したい前髪、後頭部にはレジンパーツを貼り、後ろ髪には軽量のクリアファイルを接着。素材を貼り分けることで装着したときのウィッグ重量のバランスを考慮したウィッグセットとなっている。

▼動くEVAさんのパパラチア動画もチェック!

関連記事一覧