コスプレ撮影

脱!ありがちコスプレ写真!陰影撮影でバリエーションを!

コスプレ写真を並べてみると、キャラや背景は違うのに何だかいつも同じような雰囲気になっていない?
白飛ばしせずに陰影を加えると一気にバリエーションが広がるよ!
COSPLAY MODE Sep.2019

ありがちコスプレ写真ってどんな写真?

レフ効果でキレイに写るから白ホリ。 白系の衣装だから黒ホリ。そのチョイスは間違いじゃないけどなんだか代わり映えのない仕上がりに…。

白ホリ撮影でよく見るありがちコスプレ写真を再現してみた!

①白い衣装と白いウィッグなのでとにかく全体が真っ白

②白ホリのレフ効果で肌はとてもキレイに撮影できる

③加工するにしても背景との境目があいまいでやりにくい

白ホリコスプレ撮影での気付き

美肌で盛れるけど…
白系キャラで白ホリ撮影すると確かにキレイに撮れる。しかし全くメリハリが無い印象に。そこを逆手に取って幻想的な写真にするというテクもあるが、ポージングや構図に工夫が必要。
味のあるキャラでも、何となく「キレイだけど物足りない」スナップ風になりがち。白ホリでニュアンスを出すのは意外と難しい。
とにかく顔や肌をキレイに撮ることを最優先するなら白ホリでOK。多少のアラやムラは飛ばしてくれるので、かなり盛れる。とはいえ、毎回同じようなテイストの写真になってしまうのは少々困りモノ。

黒ホリ撮影でよく見るありがちコスプレ写真を再現してみた!

①背景との境界がハッキリしているので加工に最適

②衣装や体型などのシルエットが非常に強調される

③コントラストは強いのになぜかのっぺりした印象

黒ホリコスプレ撮影での気付き

パキッとするけど…
白系キャラで白ホリがイマイチならば黒ホリで…と背景をチェンジ。背景が真っ黒なので、今度は衣装やウィッグがきっちり分かりやすい写真になった。だが、やはりこのままでは「キレイだけど物足りない」雰囲気が拭えない。単に「黒い背景で撮りました」的な記念写真風になってしまうのは何が原因なのだろう?
キャラが目立ち強めな印象だが、人物に注目すると明るく写っているだけでメリハリが無い。これが記念写真風になる原因。背景と人物がビシッと分かれているので記録写真や加工用には最適なのだが…。

白ホリ・黒ホリのありがち共通点

白ホリ、黒ホリのよく見る写真を再現したわけだが、共通点があった。それは「明るく白飛ばしした写真ばかり撮ってしまいがち」という点である。
飛ばした写真は、作品やキャラを変えても撮影場所を変えても同じような印象になってしまうため、ポーズや構図を工夫しても変化をつけるのは難しい。
ならばコントラストを意識して、「陰影」を取り入れてみたらどうだろうか?
ストロボで陰影を加え、いつもの写真をランクアップさせてみよう!初心者でも比較的簡単な陰影撮影術を紹介しよう!

陰影コスプレ撮影に必要なもの

使用機材はコレ!
自前で持っていなくても機材レンタルできるスタジオがあるので要チェック!

ストロボ

陰影撮影にはマストアイテム。カメラに直接つけるストロボではなく外付けのストロボを準備。発光を強めるほど暗い写真が撮れる。
必要なストロボは1つか2つ。人物に当てる担当と背後から光を回す担当。外付けのストロボを2つ立てられない場所でも、1つだけで陰影をつけることは可能。今回撮影したのは明るいスタジオで、室内灯はつけたままの状態。ストロボを撮影場所よりも明るく光らせれば周囲が暗く写る。部屋が明るくても暗い写真は撮れるのだ!

ディフューザー

光を柔らかくしたいときはディフューザーをかぶせて使用。影がパキッとしすぎず全体が自然なトーンに。

スヌート


スポットライト状の強く狭い光は「スヌート」をかぶせて作る。 筒状のボール紙などで自作してもOK。

陰影コスプレ撮影術① 顔は明るく、全体は暗く

顔は明るく、全体は暗い写真を撮りたい場合は、「スポットライト撮影」だ。

セッティング

スヌートをかぶせたストロボを灯使用。スポットライトの幅を狭くしたいので、ガムテープでスヌートの先端の両端を塞いで光の幅を調整。 撮影しながらスポットの当たり具合を確認、微調整していこう。

①顔にしっかりスポットライトを当てて美肌見せ

② ストロボを当てる位 置で見せたい部分を

③ 隠したい部分はさりげなく暗くしてカバー

全体的には陰影をつけつつ、顔はキレイに見せることができる設定。衣装や体型で隠したい部分があれば、そこに影をつけることで自然にカバーできる。ストロボを当てる場所は顔に限らず、目立たせたい部分でOK。スポットライト状態になるので、見せたい部分に自然と注目させることが可能。

スイートキャンディ

白紺赤スカーフレオタード
¥4,290(税込)
キュートなスクール水着のコスチューム!!全体伸縮性あり、 前腰までファスナーあり。

陰影コスプレ撮影術② 衣装の透け感を際立たせたい

衣装にフォーカスを当てた写真にするには生地の質感を活かした撮影が◎。今回は衣装の透け感がでるよう撮影してみた。

セッティング

写体の斜め前に1灯、背後に1灯、合計2灯のストロボをセット。写真左側のストロボの当て方によって、被写体の陰影の強さが変化する。 背後に立てるストロボ(写真右側)がカメラに写りこまないよう注意しよう。

① 全身の半分に影をつけて画面にメリハリを

② 背後から当てた光で衣装の透け感がキレイ!

③ 背景は黒ホリではなく石壁や廃 墟系をチョイス

衣装が分かりやすいように撮影する場合、白ホリや黒ホリを選んでしまいがち。白ホリは壊滅的だが、黒ホリでも透け感もある写真は撮影できる、だがやや単調になりすぎてしまう。
そこで、今回はやや暗めの石壁やコンクリ廃墟系の背景を使った撮影をしてみた。いつも写真に変化が加わり、クールでかっこいい印象に仕上がった。

キャンディフルーツ

ブラックオーバーニーソックス(23~25.5cm)
¥1,320(税込)
黒いオーバーニーソックスは、メイド服をはじめ、様々なコスチュームのかわいらしさを強力に演出してくれる魔法の小道具・・・。キャンディフルーツのオーバーニーソックスで、 これからのメイドさんな毎日を もっともっと満喫してくださいネ☆

陰影コスプレ撮影術③ 陰影で屋外感を出す

セッティング

通常の外付けストロボを1灯使用。ストロボと被写体の間に影になるアイテムを配置。 影アイテムとストロボの位置が近いと濃い影、 遠ければ淡い影が作れる。 全体が暗く写らないようストロボの強さに注意。

ストロボの光で陰影を付け、屋外で撮影しているような雰囲気ある写真に仕上げよう。今回は2パターンのやり方をご紹介。

屋外風コスプレ撮影はっきりVer

① あえて顔や体に影を落として強い日差しを表現

② 屋外撮影風に仕上げたいので明るさはそのまま

③ キャラに関連した形の影を入れるのもGOOD!

影を濃く落とすだけで夏の雰囲気が出せる。日焼けが気になる水着撮影なども室内なら安心。

屋外風コスプレ撮影ぼんやりVer

① 送風機などで軽く風を当てても屋外感が出せる

② 薄い影なので画面全体の陰影バランスを整える

③ 被写体に薄く影がかかる程度にストロボを調整

全体の色味を少し暖色系にすると秋の雰囲気が出せる。キャラや作品によって設定を変えてみて。

キャンディフルーツ

可愛いメイド服といえばコレ♪アジュールメイド服(トゥインクル)
¥27,280(税込)
大大大人気の可愛いアジュールメイド服にあまぁ~~いパステルカラーの新色が登場です♪スカートもすっごいボリューミーで、ペチコートをはかなくてもふわっと広がります♪

陰影コスプレ撮影術④ 陰影でドラマ的オフショット

セッティング
被写体の斜め前に1灯、背後に1灯、合計 2灯のストロボをセット。カメラと被写体の間にアイテムを配置。 今回は被写体にピントを合わせて撮影したが、アイテムにピントを合わせて被写体をぼかすのもアリ

オフショット風をイメージして撮った写真が、本気で休憩中のような写真になってしまうコス写真あるある。あくまでも「オフショット風」を狙うなら、構図や全体の明るさも計算した方が良い。
効果的に陰影をつけることでドラマのワンシーンのような、演出ありきのオフショット写真を撮ることができる。こちらも2パターンを紹介しよう。

オフショットコスプレ撮影ガチオフVer

① 写真全体は明るい状態で、休憩中の1枚的に

② 目線は外してポ ーズもリラック スした感じに

③ 手前にアイテム を配置して前ボケを活かす

オフ風とはいえあまりにもダラっとしたポーズは「あえて」の場合以外は避けた方が無難。

オフショットコスプレ撮影アンニュイVer

① 目線は外した方がオフショット感が出る

② 強めのストロボで写真全体を暗めに仕上げる

③ 前ボケを使うことで物陰から撮っている感を

暗めに撮るとオフな雰囲気を出しつつもカッコイイ仕上がり。むしろオフじゃないかも?

キャンディフルーツ

大人気メイド服の新色♪肩だしでとってもキュート★ラフィーネメイド服(レッドチェック)
¥32,450(税込)
アメリカンタイプのカジュアルなデザインで、お掃除やお料理などメイドさんのお仕事を思いっきり楽しめそうなメイド服☆
サーキュラータイプのスカートがキュート!ブラウスは肩部分の上げ下げでいろんな雰囲気を演出します♪

陰影コスプレ撮影まとめ

「陰影」という要素を加えることでで表現の幅がグンとあがります。キャラクターの過去や、心の葛藤、複雑な思いなど表現することもできるでしょう。
今回紹介した方法なら、照明を消さずに明るいまま撮影できるため、シェアスタジオでも周囲に気兼ねしないで撮影が可能!ぜひ挑戦してコスプレ写真のバリエーションを増やしてみてね!

関連記事一覧