コスプレ撮影

【撮影テクニック】色温度とフィルターで写真に[色彩]をプラスする

「写真を撮るなら可愛く撮りたい!」そんな願望に応える”超初心者向け”撮影講座!第22回は光を使った「色の表現方法」を学んでいきましょう♪

光を上手に使って写真に色を足して遊ぼう

スタジオや宅コスで撮影するとき、自然光やストロボの光だけだとワンパターンになってしまいがち。蛍光灯の光の下では肌感やメイクもイマイチ盛れないし…。そこで今回は光を上手に使って、写真の色合いを整えたり、意図的に色をプラスさせるテクニックを紹介しよう。


▲シャッタースピード:1/125秒 絞り値:F9.5 焦点距離:50mm ISO感度:400
この写真は白ホリで2灯のスピードライトで撮影。被写体の背後の壁に向けてピンクの光を照射。被写体にはカメラ側正面からキレイに光を当てている。色温度を調整(ホワイトバランスを電球に設定)して白い部分を青くすることで、円形のピンクから青へのキレイなグラデーションをつくることができる。


「色温度」を操作して写真全体の暖かさと冷たさの色合いを演出

色温度という言葉を知っているだろうか? 撮影では光の種類によって色合いが変わってくる。色温度をうまく調整できないと、蛍光灯では顔色が不健康そうに写ってしまう。美しい肌にするには、適した色温度を設定しよう。しかしながら作品の意図的に青やオレンジがかった写真に仕上げることもある。


▲色温度6000K。ストロボ光でも自然光のような色合いに


▲色温度3000K。意図的に青くしたい場合は色温度を下げる


▲色温度8000K。色温度を上げれば夕焼けの光も再現可能

「色温度」って一体なに?
色温度の調整は「ホワイトバランス(以下、WB)」を操作しよう。下の写真は色温度を変えながら地明かりで撮影したもの。色温度を下げると青く、上げるとオレンジ色に。それぞれ対応するWBの代表的な表記例も参考にしてほしい。蛍光灯で撮る際はWBを「蛍光灯」に合わせて撮ればいい。

【色温度】低→高

アニメイトコスチューム館 アコス

化物語 私立直江津高校制服/女子冬服 コスプレ衣装
¥11,770(税込)
色合いと袖のボリュームが可愛い直江津高校の女子制服です!ネクタイとリボンが両方付いているので、好きなキャラになりきれちゃいますよっ♪


ルミカライトやカラーセロハンを使った色遊び。鮮やかな色を出すなら「暗い場所」を選ぼう!

今度は光に色を乗せて背景を彩ってみよう。使うのは百均でも手に入るルミカライトやカラーセロハン。色をはっきりさせるには黒ホリなど暗い場所がベスト。ルミカライトは長時間露光+ストロボで撮影。長時間露光の間に被写体後ろでルミカライトを動かすと左の写真のように。カラーセロハンはスピードライトに貼り付けるだけで背景の色を変えたり、スポットライトのようなイメージにしたりできるのだ。


▲黒ホリで百均で購入できるルミカライトを2本使用して背景を彩った


▲黒ホリの背景壁に向かって赤い光を照射


▲背後からカメラに向かって青い光を照射

アニメイトコスチューム館 アコス

ラブライブ!サンシャイン!! Aqoursメンバーウィッグ 黒澤ルビィ コスプレウィッグ
¥9,350(税込)
ウィッグ本体の結び目の上にバンスを重ねて付けてボリューム感を再現!ピンク寄りの赤い毛色を3色のミックスカラーで再現しました。


スマホで色や光の強さを変えられる「スマートLED電球」で遊ぼう!

「スマートLED電球」使えば宅コスでも簡単に背景色を変えられる。対応したスマホアプリで電球の色や光の強さを変えられるので、撮りたい色に設定して壁に照射すればOK。


▲白壁の前で、スマート電球の光を壁に当てて撮影。今回はターコイズブルーの色合いに調整して撮影

Amazonなどで「スマート電球」で検索すると見つかる。色温度を2700K〜6500Kに自由に調整でき、RGB1600万色を表現可能。自分の好きな光を作れる。

キャンディフルーツ

3色3サイズあり♪S~Lサイズまでご用意♪クロエメイド服(ブラック・ブラウン・ライトグレー)
¥26,950(税込)
ロングセラー:ブラックメイド服(改めクロエメイド服(別珍ブラック))&ブラウンメイド服(クロエメイド服(別珍ブラウン))が素材違いで登場です!人気のグレーもありますよぉ!


2灯ストロボで2色の光を!白ホリと黒ホリの違いも確認しよう

スピードライトに2色のセロハンを貼り付けて撮影。被写体を挟むように背後の壁に向かって照射してみた。白ホリだと黄色と緑の光がほんのり淡く乗っている。黒ホリの方が背景の色ははっきりと確認できる。右の写真は白ホリで2灯(2色)のスピードライトを壁に被写体の影が映るように並べて配置。斜め45度くらいから微調整を加えながら、影の幅がキレイに出るポイントを見つけてみてほしい。


▲白ホリでは光の色が淡く写る。全体にも光が回るので明るくオシャレな仕上がりに。グラデーションもキレイ。3色や4色にも挑戦してみよう


▲黒ホリの方が色自体ははっきりとする。しかし全体に光が回りにくいので写真はやや暗めに。作品によって白ホリと黒ホリから選ぶと良い


シャッタースピード:1/160秒 絞り値:F9.0 焦点距離:57mm ISO感度:400

青と赤のセロハンを貼り付けて、並べて配置したスピードライトの光で被写体の背後の壁に2色の影を映し出す

スイートキャンディ

レースランジェリーガーター(ブラック・ホワイト)
¥2,090(税込)
誰もが1つは持っていたいガーター!この価格ならイロチでも行けちゃいます!

関連記事一覧