コスプレ撮影

コスプレ前に無理なく簡単!楽してボティメイクしよう

コスプレは見栄えが大事。そんなことはわかっていても、普段生活だって忙しいし、衣装や造型製作などコスプレする前にやることだってたくさんある。短時間で簡単にスタイリッシュなボディを手に入れたいんですけど、それってわがままですか。大丈夫! 楽して即効果のでるボディメイクを教えます。COSPLAY MODE Mar.2019

【コスプレ前にできる楽ちんボディメイク①】
巻き肩を治して首スラッと痩せ見え

型にそれほど違いがなくても首が太くて短いと、全体の印象がずんぐりモッサリして見える。でも首を長くするなんて無理なじゃい?と思うことなかれ。実際に首が短い人は意外と少なく、肩に埋もれて短く見えている場合が多いのだ。首が肩に埋もれている状態は俗に『巻き肩』と呼ばれる。特にスマホなどを使う姿勢は、この巻き肩を作る原因になりやすい。そこでオススメなのが、寝るだけで簡単に巻き肩が治せるストレッチ。肩の位置が正しくなるだけで首だけでなく全身がほっそり!


▲巻き肩は首が短く見えるだけでなく、下腹が出てお尻は下がる残念体型に。

▲まずは片腕を伸ばしてうつぶせに寝る。ベッドの上など平らな場所で行う。

▲横向きに体を起こして10分。反対も同様に。1日1回ヒマなときにやればOK。

アニメイトコスチューム館 アコス

ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 メンバーウィッグ(桜坂しずく) コスプレウィッグ
¥7,700(税込)
ハーフアップのロングヘアを再現。ナチュラルブラウンのヘアカラーです。

【コスプレ前にできる楽ちんボディメイク②】
足長に見せたいけどつま先が痛い!

足を長く見せるために必須なのが厚底やハイヒール。でも履き慣れていなかったり歩き回ったりすると、靴ズレや足痛をおこしてしまう。とは言え、靴ズレに関しては事前に絆創膏を貼っておくことなどでかなり対策できる。しかし困るのはつま先への負担。無理をして足の爪が内出血&激痛…なんてことになった経験がある人もいるのでは?そんなときピンポイントで対策できるのがシリコン製の『足指保護キャップ』。バレエやマラソンなど足を酷使するスポーツ選手も愛用しているので効果は◎。


▲2つ入りで¥500程度。何回も使えるのでコストパフォーマンスは悪くない。

▲体重がかかるつま先にかぶせるだけで、厚手のシリコンが優しくフィット。

▲ハサミで切って長さ調節も可能。使用後は軽く水洗いして乾かしておこう。

アニメイトコスチューム館 アコス

魔法少女まどか☆マギカ 暁美ほむらの衣装/魔法少女 コスプレ衣装
¥19,800(税込)
「ほむほむ」こと、暁美ほむらの魔法少女変身後の衣装が登場!かわいいミニスカートにほっそりとしたシルエットで大人気のほむほむになりきっちゃいましょう!

【コスプレ前にできる楽ちんボディメイク③】
巨乳さんのお悩みプチ胸コスのコツ

ちょっぴり贅沢な悩みだが、巨乳さんあるあるのひとつ。男装の場合は胸全体を平らにしてしまえば何とかなるが、あくまで『プチ胸の女性キャラ』をコスする場合、胸を形良くしかも小さく見せたい。バストサイズや体型にもよるのだが、やはり効果的なのは胸をコンパクトに収めるブラとBホルダーなどの胸つぶしグッズの併用だろう。幸いなことに最近では『胸を小さく見せるブラ』や『ボリュームをおさえるブラ』が色々販売されている。上手に使ってプチ胸キャラにチャレンジしよう!


▲Bホルダーで押さえるだけだと胸の位置が下がって体型的にイマイチ…。

▲サイズによっては胸を小さくするブラだけだとあまり効果がないことも。

▲胸を小さくするブラにBホルダーを重ねて押さえれば形もサイズ感も◎!

アニメイトコスチューム館 アコス

化物語 私立直江津高校制服/女子冬服 コスプレ衣装
¥11,770(税込)
色合いと袖のボリュームが可愛い直江津高校の女子制服です!ネクタイとリボンが両方付いているので、好きなキャラになりきれちゃいますよっ♪

【ボディメイクレタッチ】
レタッチで即痩せ注意すべきポイント

無理してダイエットしたり体型を変えなくても、スマホアプリを使えば手軽に理想のバランスボディになれる。しかしレタッチ前提の場合、ちょっと気をつけたいのは撮影時の背景。足を長くしたりウエストを細くしたりすると背景も同時に伸縮するため、どの程度レタッチしたか即バレしてしまう。「別にバレてもいいよ♪」という人は特に気にしなくて良いが、こっそりレタッチしたい人は背景に注意しよう。一番バレにくいのはもちろん白ホリや黒ホリ。逆に目立つのは規則的な背景だ。


▲レンガ壁や市松模様などの背景はレタッチに不向き。避けた方が無難。

▲レタッチしたい場所の背景に直線のモノが入るのなるべく避けたい。

▲花壁や草木などゴチャっとした自然物はオススメ。背景をぼかすのも◎。

関連記事一覧