コスプレメイク

メイク知識ゼロでも大丈夫!切れ長メイクのやりかた

コスプレするときメイクしたい!と思っても男性と女性ではハードルの高さがちょっと違う。男性レイヤーが男性キャラのコスプレするときのメイクは意外とノウハウが少ないのだ。前回の基本メイクの流れを掴んだら、今回はアイメイクに踏み込んで切れ長メイクに挑戦してみよう!

text 椎塚久世 makeup yurina model ぎちょー photo 大関敦 

目尻や目頭の長さをプラスしてクールな目を作ろう

ふたえを作る


ひとえや奥ぶたえの人は自分に合った方法で、ふたえにするのも全然アリ。

のりタイプで駄目でも片面テープならふたえになるなど、目の形やまぶたの状態によって最適なアイテムは様々。ふたえを作るタイミングも人それぞれでメイク前に作る人もいれば、アイメイクの直前で作る人もいる

アイシャドウその1


レンガ色のアイシャドウを上まぶたの目尻に塗る。

今回使ったのは赤みのある深い茶色のレンガ色。陰影と共に適度な血色や透明感が演出できる優秀カラー

アイシャドウその2


下まぶたキワ全体に、パールピンクのペンシルでハイライトを塗る。

パールピンクのペンシルって何だ?と思う人は『涙袋 ペンシル』で検索してみて。涙袋を目立たせるためのコスメが見つかるはず

アイシャドウその3


レンガ色のアイシャドウを下まぶたのキワ、目尻側に塗る。

アイライン上


黒か焦げ茶のリキッドで長めに。太さは目を開いたとき見えるくらい。目を開いて確認しながら引こう。

アイライン下


こげ茶のペンシルアイライナーで下まぶた目尻側キワに下アイラインを引く。上下のラインは繋がないことで外方向へ切れ長な印象に。

目頭を切る


黒のペンシルアイライナーで目頭のラインを延長するようにラインを引く。いわゆる「目頭を切る」というテク。

ふたえを濃くする


ふたえラインに茶色のシャドウを細く重ねて塗る。ふたえの溝に影を足すイメージで。

マスカラ


下まつげを少し強調するためマスカラを塗る。今回使ったのはまつげの太さを足すタイプの黒マスカラ。長さを出したいならロングタイプを使う。

まゆの調整


まゆを描いた後、上側の自まゆを消して少しシャープにしたい。ベージュのコンシーラーでまゆを寝かせるように塗って消そう。抜いたり剃ったりできる人はその方が楽。

まゆマスカラ


まゆ専用マスカラは自まゆが濃かったり目立ちすぎる人に◎。図のようにまんべんなく塗ろう。

陰影の位置

☆ハイライト
鼻の付け根、鼻先、目頭にI字、まゆ尻の下に丸、唇上に小さく
☆ノーズシャドウ
鼻の両脇全体へ三角形に影
☆シェーディング
りんかくは基本メイクと同じ。人中と鼻の下にも

コスプレ総合専門店 アシスト

男装セット(男装用直毛つけまつげ・リフトアップバンド・フェイスパレット)
¥4,000(税込)
Boys Lashで二次元男子キャラクターの直毛まつげを再現。
リフトアップバンドは肌にやさしく小顔とツリ目効果を!
シェーディングが大事な男子顔はフェイスパレットでバッチリ小顔に。
アイシャドー・アイブロー・ハイライト・シェーディング等さまざまな用途に使用可能。

顔全体が目元の変化で引き締まるメイクの完成!


コスコス

コスコス フェイスグルーH
¥1,296(税込)
せっかくのウィッグも隙間があったらがっかり。ウィッグと肌をしっかりと密着させるフェイスグルー。理想のフェイスラインを手に入れてコスプレ力UP。

関連リンク

メイク知識ゼロでも大丈夫!コレさえ買っておけばコスプレメイクができる!【基本編】

関連記事一覧