コスプレメイク

【二重さん向け】コスプレメイクは目で決まる!整形級アイメイクのやり方講座 

コスプレメイクで特に重要なのが、顔の印象を左右するアイメイク。

もともとの顔を生かす普段のメイクとは異なり、キャラクターに似せるためのコスプレメイクでは、目の間隔や位置、大きさを変えることが重要になる。

今回はもっとコスプレを楽しむための、二重さん向け整形級コスプレアイメイク術を徹底解説!

文:椎塚久世 メイク:yurina
写真:大関敦 モデル:怜二 協力:クラッセ


整形級コスプレメイク【二重さん編】

目を寄せるメイク

1.テーピング
目の間が離れている人は、細く切ったテープで物理的に目の距離を寄せる。不自然にならないよう注意しよう。

コスプレメイク テーピング

目立たないよう細く切ったテープを、左右の目頭を引っ張るように貼る。

2.アイシャドウ
黒目の上に茶色を置き、目頭側へぼかす。目尻側はノータッチ。下は目頭側にハイライト、目尻に薄い茶色をのせる。

コスプレメイク アイシャドウ

目頭側にのみアイシャドウをのせることで、目と目の間隔が近づいて見える。

3.アイライン
上ラインは目頭側を太く、目尻側は細く引く。下は目のキワの粘膜部分に、黒目より目頭側だけに引く。

コスプレメイク アイライン

目尻のアイラインを太くしてしまうと、目の重心が外側にいってしまうので注意。

4.つけまつげ
目尻が長いデザインをチョイス。左右を逆に使用して、目尻の長い毛足が目頭側に来るように貼る。

コスプレメイク つけまつげ

つけまつげをつける際、目頭からはみ出さないように気をつけよう。

5.完成!
コスプレメイク


目を離すメイク

1.アイシャドウ
アイホール全体にベース色のベージュを。黒目から目尻方向に茶色を「く」の字に塗る。目頭へ「く」の字にベージュを塗る。

コスプレメイク アイシャドウ

目尻に重心がいくように、濃いめの色は目尻側に塗る。

2.アイライン
黒目の上から目尻方向へアイラインを引く。下ラインは目尻だけに短く引く。上ラインと繋がないように!

コスプレメイク アイライン

目が寄ってしまうので、目頭側にはアイラインを引かないこと!

3.完成!
コスプレメイク


目を大きくするメイク

1.アイシャドウ上
アイホールにベース色、ふたえ幅に1色、目のキワと黒目の上楕円に一番濃い色をのせる。

コスプレメイク アイシャドウ

今回はアイホールにベージュ、ふたえ幅にブラウン、目のキワにダークブラウンを使用。

2.アイシャドウ下
目頭側2/3にハイライトを入れ、目尻側に上シャドウで使った一番濃い色をのせる。

コスプレメイク アイシャドウ

目の縦幅を広く見せるため、下まぶたにハイライトとシャドウを入れる。

3.マスカラ
まつげの影がかかると目が小さく見えてしまう。マスカラとビューラーで自まつげを上向きにしよう。

コスプレメイク マスカラ

この後つけまつげをつけるので、まつげが2枚になってしまわないようしっかり上向きに。

4.つけまつげ
今回は中央に束感があるタイプを使い、目の縦幅を強調。下まつげにも束感のあるタイプを使おう。

コスプレメイク つけまつげ

目の縦幅を広く見せるため、実際のまつげより少し下につけている。

5.アイライン
黒軸つけまつげなので、軸と重なる部分は細ラインでOK。目尻側はバランスよい太さで引く。

コスプレメイク アイライン

目尻だけ急にラインが細くなってしまわないよう、目を開けてバランスを確認しよう。

6.ふたえライン
ふたえの谷部分を濃い茶色のアイシャドウでなぞり、影をプラス。ふたえが強調されて、目がパッチリ見える。

コスプレメイク ふたえライン

「ダブルライン」とも呼ばれるふたえのライン。今回はふたえ幅を広くするため、アイテープも貼っている。

7.完成!
コスプレメイク


目を細くするメイク

1.テーピング
目が丸い人は、アイメイク前にテーピングで目の形を横長に整えておく。目尻からやや斜め上にテープを貼ろう。

コスプレメイク テーピング

引っ張りすぎると不自然なので、バランスを見ながら調整しよう。

2.アイシャドウ
上は目尻にのみ、ベース色と濃い色を細く長めに重ねる。下はベース色を目のキワ全体に、濃い色を目尻に入れる。

コスプレメイク アイシャドウ

アイシャドウを細めに入れることで、スッとした印象に。

3.アイライン
目頭側からラインを引く。黒目の外側から太さを出し、目尻は少し跳ね上げる。下は目尻のシャドウ部分に重ねて細く引く。

コスプレメイク アイライン

アイラインは、目を横長にするイメージで。

4.つけまつげ
つけまつげは上の目尻にのみ貼る。毛足長めのつけまつげを半分にカットし、目尻側だけを使う。

コスプレメイク つけまつげ

つけまつげを全体につけてしまうと、目が大きく見えてしまうので半分だけ使用。

5.完成!
コスプレメイク


目の位置を低くするメイク

1.アイシャドウ
上まぶたを目立たせたくないので、薄い茶色を軽くのせる。下まぶたは目頭側にハイライト、目尻側に濃い茶色をのせる。

コスプレメイク アイシャドウ

重要なのは下まぶたを強調させること。

2.つけまつげ
上は目尻側にはみ出すようにつけ、目尻は下げる。下は自分の目のキワから離して貼るが、両端は目に少し近付けて貼ると不自然さが軽減する。

コスプレメイク つけまつげ

本来のまつげ位置から完全に離してしまうと不自然に見えるので注意。

3.白目をプラス
下つけまつげと自分の目の間に白目をプラス。柔らかい芯の白ペンが描きやすく、自然な仕上がりになるのでおすすめ。

コスプレメイク 白目

白目に見せたいので、ここは白ペンでしっかり塗ろう。

4.アイライン
上は目立たないよう細く長めに。下はつけまつげの軸に沿ってラインを引き、目尻で上ラインと繋ぐ。

コスプレメイク アイライン

下まぶたのラインは太すぎるとおかしくなってしまうので注意。

5.完成!
コスプレメイク


丸い目をツリ目にするメイク

1.アイシャドウ
黒目の上に茶色を置いてぼかす。目尻側に濃い茶色を細く上向きに。目頭には、「く」の字にハイライトを入れる。

コスプレメイク アイシャドウ

アイメイク前に、テーピングをするのがおすすめ。引っ張りすぎないようにしよう。

2.アイライン
目頭から引いていき、黒目の外側から太さを出す。目尻を強めに跳ね上げ、目尻側にのみ引いた下ラインとつなげる。

コスプレメイク アイライン

上ラインは、思い切って太めに引いてOK。キレイな跳ね上げラインを描こう。

3.上つけまつげ
目頭側は目のキワから貼り、目尻側はアイラインの上キワに沿うよう貼る。目尻側に少しはみ出してOK。

コスプレメイク つけまつげ

目尻は実際の目ではなく、アイラインの上側に沿って貼ること。

4.下つけまつげ
目尻側の毛足が長いタイプをチョイス。アイラインに沿って、目尻側が上がるよう貼ってツリ目感をプラス。

コスプレメイク つけまつげ

下つけまつげも上がり気味につけると、よりツリ目に見える。

5.完成!
コスプレメイク


まとめ

比較的メイクはやりやすいが、大きく顔の印象を変えるのが苦手な二重さん。

アイラインやテーピング、つけまつげを駆使すれば、なりたい顔に近づけることができる。

とはいえ、やりすぎないよう注意が必要。似せたいキャラクターと自分の顔をよく観察して、メイク方法を研究するのがおすすめだ。

今回ご紹介したテクニックをマスターして、もっとコスプレの幅を広げよう!

関連記事一覧