コスプレメイク

ハロウィンコスプレ!ネイルチップで本格的コスプレ変身メイク

ネイルチップでコスプレ変身メイクしちゃおう。ハロウィンで使えるね。100均で手に入るネイルチップ。実はコレ、爪に装着する以外に、特殊変身メイクにも使えるスグレモノ。簡単にケモノのような牙と爪、人魚のようなウロコ肌を作る方法をご紹介!
COSPLAY MODE

牙&カギ爪を作ろう【ハロウィンで使える!ネイルチップでコスプレ変身メイク】

用意する物

ネイルチップ(白色)

爪やすり

入れ歯用粘着剤(安定剤)

他、接着剤、ハサミなど

コスコス

コスコス フェイクブラッド
¥1,458(税込)
普段のコスプレだけでなくハロウィンでも活躍。流血・傷などの特殊メイクの必需品。血糊だけど肌に優しく顔にも使うことができる。

◉牙を作る

歯のカーブと合わせて大きめのチップを自分の歯の長さ、幅に合わせてカットする。八重歯や牙にするなら長めに先端を尖らせて。

もう一枚同じチップを重ねてカット。こちらは先端部、歯からはみ出る部分だけにして裏側から一枚目に接着する。

段差をつけることで歯に装着した時安定する。自分サイズになっていないとズレやすいので注意。全体をヤスリで整えよう。

軽く水洗いしてヤスリの粉を落とし乾燥したら入れ歯安定剤で接着する。付け過ぎると口の中がベタつくので少量から試そう。

牙の完成!

今回は八重歯のような牙2本を装着。ギザ歯にしたい場合は本数を増やしたり、根本で連結させてマウスピースのようにしてみて。

◉かぎ爪を作る

次は魔女のようなカギ爪を製作る。自分の爪にあったチップを二枚、長くなるように重ねる。

長さとカーブを確認したら、2枚を接着する。瞬間接着剤、ネイル用接着剤、レジンなど、接着剤はお好みで。

付け根側のカーブを自分の爪と合わせて削る。

重ねた部分の凸凹をヤスリで整える。左右のエッジも合わせて綺麗にしよう。継ぎ目が気になる場合はヤスリ作業を重ねて。

粗めのヤスリで削って形が整ったら、最後に目の細かいヤスリでバリを取る。

ベースコート、トップコートをたっぷり塗って仕上げ。

かぎ爪POINT

塗装で質感コントロール

ネイルチップはそのままでもコスなら充分使えるが、こだわるなら仕上げの塗りを変えてみよう。写真は右上から左へと順に、何も塗らない状態・透明トップコート・パールホワイト・ホワイトで仕上げたもの。イメージによって使い分けよう。

爪の完成!
より長いカギ爪を作りたい場合は枚数を増やしてみて。継ぎ目が気になる場合、パテやマニキュアで埋めるとより滑らかに仕上がるよ。

アニメイトコスチューム館 アコス

銀魂 坂田銀時の衣装 コスプレ衣装
¥15,070(税込)
羽織の中の上着や帯、ベルトもセットとなっているので、 これさえあれば銀さんの怠惰なスタイリングも簡単に楽しめます。

ウロコメイクに挑戦【ハロウィンで使える!ネイルチップでコスプレ変身メイク】

用意する物

ネイルチップ(透明)

ボンド

塗装用絵の具、スプレーなど

ベースコート、トップコート

ヤスリ

◉ウロコを作る〜ベース形成編〜

ウロコとなる透明チップを台から外していく。チップはクリア感を活かしたければ透明、色を重ねるつもりなら色付きでも透明でもOK。

チップをサイズ別に仕分けしておく。使いそうな枚数より少し多めに準備しておこう。

ウロコPOINT①

下地処理はお好みで

チップの表面はツルツルなので塗装前には下地処理が必要になる。目の細かいヤスリで削る方法と、直接ベースコートを塗る方法があるので、好きな方を選ぼう。広い範囲を作るならベースコートを塗る方が早い。

ヤスるなら一枚一枚大きめのスポンジバッファーで。

中央の写真の左が未加工、右が下地処理済みの物

ウロコを貼る土台として手袋を用意する。できるだけ手にぴったりとした物を選び、だぶつく手首はテープなどで固定しておく。

下地処理したチップを一枚ずつGボンドで貼っていく。最初の段は手で貼っていけばOK。

次の段からはベタついてパーツがもつれてくるので、ピンセットで貼っていこう。

良い位置に調整しながらイメージのウロコの配置にしていく。段ごとにサイズを変えていくと自然な流れが作れる。

今回は一部にウロコを作るだけなので、ここまでで土台は完成とする。ボンドが乾燥したら塗装していこう。

スイートキャンディ

デビルレースランジェリーセット
¥7,920(税込)
気になってるなら着ちゃえばいい!!エロカワ最終形態を楽しんで!

◉ウロコを作る〜塗装編〜

ベースコート、トップコートを塗ってベースにするならまとめて全体を塗ろう。ベースを兼ねてマニキュアを塗ってしまうのも手

20cmほど離したところから色をスプレーしていく。今回はエアブラシを使っているが、塗料スプレーでも問題ない。筆塗りでもクリアタイプを重ねてグラデーションにすればOK。

ウロコPOINT②

塗料の弾きに注意

つるつるのままで塗料を乗せると種類によっては弾いてダマが出来、ムラになってしまう。時間がなくて下地を作る余裕がない時は、塗料との相性を事前に確認してから塗装に入ろう。ラッカー系ならダイレクトに塗ってもOK。

全体に軽く青をスプレーした。色を重ねていくのでこのくらいでOK。

続けて明るい緑を重ねていく。透明度を保持したければ、重ねる色は少なめに。今回は少し厚めに乗せていく。

締め色として紺色を乗せる。強い色はあくまで軽く、少なすぎるかな、というくらいで留めて調整していこう。

良い色合いになったら乾燥させた後に仕上げのトップコートを塗る。たっぷり筆に含んで撫でていくように塗ろう。

乾燥した状態。広範囲に作る場合などで手袋ごと着用予定ならこれで完成。

今回は部分的にウロコを生やすので適宜ハサミで切っていく。

アイプチやまつげノリなどで接着する。剥がれる時は端からくるので丁寧に貼り付けよう。

貼り付けたら同系色のアイシャドウで肌と一体化させる。濃淡を強めに付けると馴染みやすい。

ウロコPOINT③

ネイルも合わせてコーデ

手にウロコメイクをするなら合わせて爪もウロコっぽく仕上げよう。爪用のチップを同系色で塗った後、レースの上からシルバーを塗装すれば、簡単にウロコネイルが作れる。

チップの上にレースを当てて、その上からスプレーするだけ

ウロコ肌完成!

肌との境目はアイシャドウで馴染ませてあるのでみっしりとしたウロコ感が出せた。デザインや塗装を変えて色んな表現に挑戦してみてほしい。

アニメイトコスチューム館 アコス

銀魂 真選組隊長服 コスプレ衣装
¥13,970(税込)
これ一つで近藤、土方、沖田になれちゃう優れもの!!

関連記事一覧