コスプレ衣装

特攻服に使える!簡単刺繍文字!!ステンシル・ステッチカラー 

刺繍だと時間がかかりすぎる…!という人は、頭を切り替えてステンシルでの挑戦はいかがだろうか。写真映えを求めるなら縫い目を書き込むなどの一手間を加えれば見栄えもUP。

平面でも立体感が出せる!ステンシル


▲絵の具とクリアファイル一枚あればすぐできるのが最大の魅力。お絵かきが得意なら彩色を加えてリアル仕上げにすることも?

作業時間 ★★★☆☆
製作価格 ★★★★★

使用道具

❶クリアファイル
❷パレット
❸スポンジ
❹絵の具(布用またはアクリル絵の具)
❺カッター
❻油性マジック
❼ボールペン
❽下絵
❾マスキングテープ

ステンシルに挑戦!

01.下絵を写す


下絵の上からクリアファイルを乗せ、そこに油性ペンなどで下絵を書き写す。

02.書き写すのはなんでもOK


クリアファイルでなくても下絵が透けて切り抜ける耐水性の素材なら何でもOK。

03.カッターで文字を切り抜く


カッターで切り抜く。ステンシルしやすいサイズにカットし、型とする。

04.マステで固定する


マスキングテープで型を固定。そのままの絵の具をスポンジに馴染ませ、軽く叩いて乗せていく。

05.スポンジでポンポン色をのせていく


何度か色を重ねて濃さを調節。押し付けると滲むのでポンポン重ねるようにしよう。

06.乾くまで放置


乾いたら型を外す。焦って外すとエッジが滲んだりボケるので注意。

07.好みで縁取りをする


乾燥後、平面的なのが気になる場合は色や線を入れて立体感を足すと良い。

08.立体感を出すには


このようにボールペンで刺繍糸の毛流れを描き込むだけでも立体感が出せるよ。

塗るだけでほんのり立体感!ステッチカラー

ステンシルよりさらに簡単にいくなら、乾くと立体感のある刺繍風に仕上がる「ステッチカラー」もオススメ。下絵の上から直接なぞっていくだけなので時短にもなる。 


▲必要なのはステッチカラー(ターナー)だけ。ひとつ約500円前後で全12色。金銀があるのも嬉しい

作業時間 ★★★★★
製作価格 ★★★☆☆

使用道具

ステッチカラー

下絵をステッチカラーで塗りつぶす


布に下絵を写す行程は、この工程と同じ。接着芯は貼らなくてOK。下絵の上からステッチカラーで糸をかけていくような気持ちで塗りつぶす。

乾燥したら完成


塗りたては白っぽく面が盛り上がるが、乾燥すると落ち着いてくるので乾くのをじっと待とう。

関連記事一覧