コスプレ衣装

kipiのワットソンのコスプレ

自作コスプレイヤーkipi『APEX』ワットソンの存在感はレザーとグログラン。衣装作りのこだわりを訊く!

素材の質感がキャラの存在感高める

kipiのワットソンのコスプレ
自作コスプレイヤーkipiさん(@kipi_84)が『APEX』ワットソンのコスプレ写真を公開。

合皮メインで仕立てたワットソンの衣装は、ゲームCGの質感そのまま現実に起こしたクオリティ。
その衣装とkipiさんのワットソンっぷりに「ワットソンめっちゃ好きなのですが、めちゃくちゃそっくりですね」「生地の再現度高い!すごい!」といった声が殺到している。

フォロワーからのコメントにもあるように衣装の生地選びやコスプレのこだわりについてkipiさんにコメントを頂くことができた。
※kipiさんのツイートの元画像は自撮り写真。記事内ではその写真を左右反転させています

kipiさんによるワットソン衣装解説

kipiのワットソンのコスプレ

衣装に使った素材

ダウン:グログラン(オレンジ)ストレッチレザー(青)
肩の飾り・カフス:COSボード、ニューファイター(シルバー)、プリントシール
ヘッドギア:ストレッチレザー(青)、コスチュームエナメル(白)
ボディスーツ:ストレッチレザー
トップス:既製品
手袋:ゴム手袋の上に、ストレッチレザー(青)の手袋を重ねました。飾りはCOSボード+コスチュームエナメル

ウィッグ、カラコン

ウィッグ:ピンクエイジ(自然な金髪を探しました)
カラコン:Shutella 1Day/ジェイブルー

資料集め

ゲーム友達に協力してもらって、公式イラストでは写っていない部分、ボディースーツの切り替えや、ダウンのデザインをいろんな角度から撮影させてもらいました。
スマホにワットソンのお尻の画像がたくさん入っています…笑

ヘッドギアは型紙作りから

ワットソンヘッドギア型紙
ヘッドギアは自分の頭の形に合わせてガムテープで型取り型紙を作りました。
前髪の出方でかなり印象が変わってしまうので、キャラクターに近くなるように気をつけました。
耳の部分に余ったキルト芯をいれて耳元の膨らみをだしています..(*´-`*)

ワットソンヘッドギア型紙

COSボードで試しに組み立ててみたもの。本当はCOSボードにレザーを貼って縫う予定でしたが、レザーのみでもシワが気にならなかったので、COSボードは使いませんでした

COSボードってミシンでも縫える?
1.5mのCOSボードは家庭用ミシンでも全然縫えます~!
当初はヘッドギアの丈夫そうな感じ?を出すのに、COSボードにレザー貼り付けて縫う予定でした(普通に芯地でよかったんじゃ…)。ですが厚みが出すぎてヘルメットみたいになったら格好悪そうだし、レザー1枚で良い感じになったので、その案はなくなりました。
コスボードで組み立てたヘッドギアの写真も縫製で作りました。ボードを両面テープで留めるより楽ちんなんです。


トップスはレザーと同色に染める

トップスのニットは、アパレル既製服をヘッドギアやダウンに使用しているレザーと同じ色に染めました。
理想の色味に染まって本当に良かったです…(´;▽;`)
ニット自体はゆったりとしたシルエットだったので、ウエスト、首元を細く詰めて着ぶくれして見えないようにしました。

ニットを染める染料

染料専用の器に染料を入れ、ニット服を入れて染めています


ワットソンコスプレのニットを染める

染料を乾かしたもの。ストレッチレザーと同じ色になって安心。

ニットはベースの色から青色で探しました!
濃く染める前提のときは、なるべくポリエステルは選ばないように…(色が入りにくいです)。
今回はナイロン100%だったので、うまく染めれました。


ジャケット

身体にフィットしつつ、動きやすい機能的なシルエットになるように気をつけました。
ゴムの入っている部分と、太腿・お尻の切り替えライン&ステッチがかっこいいです!縫っていて楽しかった部分です(*´▽`*)
ワットソンのコスプレジャケット

極厚パッドでお肉を足す

いつもは細くみせたい部分も、貧相な印象になってしまうので、ワットソンのボディシルエットに近づけるため、太ももとお尻に極厚のパッドを入れて、しっかりとした体格に見えるようにお肉を足しています。

お尻と太ももに極厚パッドを入れる

矢印の部分に極厚パッドを仕込んでいます



フード内側のキルティングはキルト芯の上に裏地を重ねて縫う

ぴったりな色のキルティング生地があれば時短になったのですが、見つからなかったので縫いました。キルト芯の上に裏地を重ねて4cm間隔でガガっと縫いました。

ワットソンコスプレのフード裏地

(右)縦方向に4cm間隔て縫いました。(左)その後、横方向に同じように4cm間隔で縫うことでキルトを再現。




フード裏地のパーツ

ストレッチレザーを帯状にカットしたものはフードの縁のパーツにしました。マチ付きのデザインだったので、パーツが多くてつらかったです。



実はまだまだ製作途中…!

トップス+ヘッドギア+裏地がゲームだと「素材は違うけど同じ色」になっていて、素材選びにすごくすごく苦しみました(;v;)。
ダウンは生地に何かしらテクスチャが入った生地を使用したいと思い、メインの生地にグログランを選びましたが、ハリが強くてダウンのふんわりした形がうまく出せませんでした。
青レザーの生地価格(1m5000円)にひよってしまい、使う量を少なくできるようにパターンを調整しましたが、フードの縁の部分の幅をもっと大きくしたほうが見栄えがよかったよなあ…と後悔しています。涙。

完成間近まできたので、最後まで頑張ってつくり上げたいと思います!

ワットソンのコスプレのウルトの造型

製作をお願いしている造型…。ウルト担いでイベントにいく日が楽しみです!

画像ギャラリー

▼kipiさんのこだわりがたくさん詰まった衣装解説はコチラ▼


関連記事一覧